【東日本大震災募金】小樽・3.11避難者の会へ活動支援金を寄付いたしました


小樽あんかけ焼そば親衛隊は、3月30日(金)、小樽市役所別館3階第一応接室で、「小樽・3.11避難者の会」(小松雅美代表)に、活動支援金を寄付いたしました。
避難者の支援活動は、親衛隊前身の「小樽あんかけ焼そばPR委員会」からの継続事業で、2014年からは、小樽市に避難されている方々を直接支援する目的で、「小樽・3.11避難者の会」に活動支援金の寄付を行っております。

今回の寄付金額合計 47,198円

東日本大震災から7年が経ち、記憶の風化が指摘されておりますが、2018年2月12日現在、小樽市内には40人の避難者が生活されています(道庁HP調べ)。
私たち小樽あんかけ焼そば親衛隊は、今後も親衛隊協力店主会と共同で、募金活動を継続したいと考えております。

募金箱に温かいお気持ちを込めてくださったみなさま、本当にありがとうございました。

☆2018年3月30日現在の募金箱設置店
・一期一会(新光)
・小樽あんかけ処とろり庵(桜)
・時代屋(入船)
・あっぱれ亭奥沢店(奥沢)
・大丸ラーメン(花園)
・龍仁(稲穂)
・桂苑(稲穂)
・五十番菜館(稲穂)
・龍鳳(稲穂)

新着情報