小樽3.11避難者の会へ活動支援金を贈呈しました

東日本大震災避難者で設立された小樽3.11避難者の会(代表者/小松雅美)の活動を支援する為、小樽あんかけ焼そば親衛隊による活動支援金の贈呈式が3月16日小樽市役所にて行われました
小樽3.11避難者の会活動支援金贈呈
親衛隊協力店に加盟する3店舗(五十番菜館・桂苑・龍鳳)に募金箱を設置し、1年間で集まった募金とその他協力店主会メンバーからの寄付が合計43,534円、小樽あんかけ焼そば親衛隊からは20,000円、合計63,534円を親衛隊協力店に加盟する五十番菜館の澤田寛さんが代表して手渡しました。

・澤田さんコメント
小銭を貯めて定期的に募金しに来てくれるお客様が今でもいます。観光客の方も、海外の方も募金してくれている人が居ました。活動に役立てて頂きたいと思います。

・小樽3.11避難者の会 代表小松さんコメント
昨年に引き続き今年も支援金を貰えるとは夢にも思いませんでした。まだ募金してくれる人が居るという事が驚きです。有難うございます。

(写真と記事本文の提供:FMおたる盛合さん)

*昨年の様子はこちら

北海道新聞にも掲載されました
小樽3.11避難者の会へ活動支援金を贈呈

小樽ジャーナルにも掲載されました
◎避難者の会へ支援金贈呈 あんかけ親衛隊 (2015/03/16)

新着情報